読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aug Lab

主にプログラミングの備忘録 あと趣味とか思った事 twitter: @auglish

ぷよぷよと縁

 3ヶ月ぶりとかそんなレベルの更新です。

 内容としてはぷよぷよにおける人間関係のふり返りです。

 僕がぷよぷよをACでプレイするようになって、もうまる5年経とうとしています。そこで感じたのは趣味を通して築いた縁の強さというものでしたね。

 ぷよの世界に足を入れる前までは、自分の友達はだいたい学校で同じクラスとか塾で同じクラスだったような仲の人が中心でした。言ってしまえば受動的な縁なのです。いや、そういう縁も悪くはないんだけど、自分がものぐさなせいか連絡を取らないうちにどんどん疎遠になっていく傾向にあります。大学でもそんなかんじです。呼びかけるきっかけがなくなってしまえば縁など薄れていってしまうんですねー。

 それに対してぷよでの付き合いは基本自分から行動して初めて作れる縁なので、自分の足で作らなければならない分、築けてしまえば受動的に作られた縁よりよっぽど長い付き合いになりました(少なくとも自分は)。実際に今の自分の身の回りの人間関係で絡みが多いのは圧倒的にぷよらーです。やっぱりこの手の縁は対戦会にしろオンラインにしろ、自分から話しかけてなんぼだし、コミュニティの人もそういう経験してきているから割と親しみやすかったりします。

 正直こういう事書いていると、「それができないから困っているんだ」とか「コミュ障にできるわけない」とかいう意見が出てくるような気がしますが、そういう人は変なプライドを捨てて場に飛び込んでいけば良いと思います。だいたいこの手の文句を言っている人は「なんかこんな俺が話しかけたらきもいとか思われたりしないだろうか?」とか無駄な妄想してる傾向にあると思うんですが、そもそも赤の他人が初対面の人に抱く感情なんて悪臭を放っていたりしない限りせいぜい「誰?」ぐらいです。いきなり嫌われるなんて相当身なりが終わっていなければ起きません。  あと、やけくそになって話しかけたりしたら案外どうにでもなるものです。会話とかも話題を盗み聞きしてわからないところや気になったことを質問していくだけで気付いたらその会話に加われたりします。適当って大切です。

 しかし、適当でどうにかなるとは言っても、どんなときでも挨拶と礼儀はわきまえないとならないのが一番大切な事だと思います。先ほどにいきなり話しかけてもどうにかなると言いましたが、これは挨拶と礼儀をちゃんとしているという前提の話で、これらが欠けていれば正直一発で嫌われます。終了です。このへんがしっかりできるとその先いろんな分野での人付き合いのコツみたいなのがつかめたりして捗ります。

 ぷよぷよの界隈での縁を上手く作る事ができれば、その先ずっと続く縁となるし、日本のいろんなところに知り合いを作れたりします。その証拠として、いろんな人が各地に遠征している形になって現れているんだと思います。この人付き合いを大切にして頂き、コミュニティが続く事を願います。また、これまでお世話になった方々にこの場を借りて感謝を示させて頂きます。

 追伸:関東勢もっと遠征しろ